これでわかる!名古屋工業大学のすべて

岐阜・東海地域の高校生にとって、名古屋工業大学は主要な志望校の一つ。

そこで本記事では、名古屋工業大学の基礎情報、学部・学科の情報から入試攻略法まで、全てを詳しく説明する。

名古屋工業大学については、本記事さえ読めば合格までたどり着けるようにしておいた。

名古屋工業大学の受験を考えている生徒は、いま必ず目を通して欲しい。

名古屋工業大学の基礎情報

入試に直結するものではないが、まずは名大の基礎情報を共有しておく。

名古屋工業大学 / Nagoya Instutite of Technology

  1. 大学設置:1949年
  2. 学長:鵜飼裕之
  3. 使命:革新的な学術・技術を創造し、有為な人材を育成し、これからの社会の平和と幸福に貢献すること。
  4. アクセス

〒466-8555
JR東海 中央本線 舞鶴駅 名大病院口から東へ約400m
地下鉄 舞鶴線 舞鶴駅 4番出口から東へ約500m  など。

名古屋工業大学HP「交通アクセス」より。

名古屋工業大学の設置学部や研究施設

設置されている学部・研究科(大学院)・研究施設等は以下の通り。

  • 生命・応用化学科、専攻
  • 物理工学科、専攻
  • 電気・機械工学科、専攻
  • 情報工学科、専攻
  • 社会工学科、専攻
  • 創造工学教育課程
  • 共同ナノメディシン科学専攻
  • 第二部
    • 物質工学科
    • 機械工学科
    • 電気情報工学科
    • 社会開発工学科

名古屋工業大学に通うワケ

名古屋工業大学(名工大、めいこうだい)についての基礎情報や学部・学科について理解したところで、こんどは名工大の特長・実績を見ていこう。

名古屋工業大学の特長

日本の工業の中核を担う愛知県。

そこにある名古屋工業大学も、自動車工業を中心とした研究・人材輩出で優れた実績を収めている。

後述するように、大学卒業後の進路(就職)も日本を代表するメーカーが非常に多くなっている。

名古屋工業大学からの進路

学部卒業者大学院進学者就職者その他
工学部第一部(四年制)92766524517
工学部第二部(五年制)235171
工学系研究科卒業者進学者就職者その他
博士課程前期704156827
博士課程後期34259

主な就職先

民間企業等公務員等
学部デンソー、アイシン精機、アイシン・エイ・ダブリュ、大成建設、トヨタホーム、マキタ、中部電力、住友電装、清水建設、鹿島建設、トヨタ車体、アビームシステムズ、イビデン、NECソリューションイノベータ、サイバーエージェント など愛知県、名古屋市、豊田市、浜松市、四日市市、経済産業省中部経済産業局
博士前期・後期デンソー、トヨタ自動車、アイシン精機、豊田自動織機、ブラザー工業、アイシン・エイ・ダブリュ、豊田紡織、パナソニック、マキタ、トヨタ車体、川崎重工業、三菱電機、日本ガイシ、本田技研工業、中部電力 など愛知県、国土交通省、岐阜県、岐阜市、京都府、産業技術総合研究所 など

名古屋工業大学HP「平成29年度卒業・修了者に関する就職状況」より。

名古屋工業大学出身の著名人

産業領域に優秀な人材を輩出している名古屋工業大学出身の著名人を紹介する。

  • 水平豊彦 :元内閣官房副長官
  • 伴野 豊 :元外務副大臣、元国土交通副大臣
  • 篠田陽介 :元衆議院銀
  • 石川栄次郎:元中部電力副社長、土木技術者
  • 伊藤周雄 :元本州四国連絡高速道路社長、繊維学会技術賞
  • 伊奈功一 :元ダイハツ工業社長、紫綬褒章
  • 加藤 薫 :元NTTドコモ社長、日本テレワーク協会会長
  • 赤木泰文 :東京工業大学名誉教授、元MIT客員教授
  • 石田秀輝 :東北大学名誉教授、セメント協会論文賞、グッドデザイン賞
  • 太田忠司 :推理作家、本格ミステリ作家クラブ事務局長
  • 大賀 隆 :建築家
  • 黒川雅之 :建築家、黒川紀章の弟
  • 江村哲二 :現代音楽作曲家
  • ken   :L’Arc〜en〜Ciel のギタリスト、作曲家

名古屋工業大学入試攻略

次はいよいよ、名古屋工業大学大学の入試攻略について説明していく。

入試形態と日程(令和2年度)

第一部の入試形態は「一般」「推薦」が主要

そもそも、名古屋工業大学には第一部(四年制)と第二部(五年制)があることに注意しよう。

通常の工学部に相当するものが第一部と思って良い。

第二部は、働きながら名工大で学べるように用意された、夜間の学部である。

第一部と同じ教員による教育がなされ、五年制だ。

※第二部の詳細はコチラ「夜間学部(第二部)

スタプロをご覧の方々は第一部での入学をするだろうから、以下は第一部の内容のみに触れる。

第一部の入試形態は他大学とおおよそ同じだ:

  • 一般入試(前期・後期)
  • 推薦入試
  • アドミッション・オフィス入試
  • 外国人留学生特別入試

アドミッション・オフィス入試(工学創成プログラム)とは、意欲ある学生のうち、TOEICで一定異常の成績(520点以上)かつその他要件を満たす者の入学を許可するシステムだ。

なお、各入学区分の定員は以下のように定まっている。

名古屋工業大学「学部入試 募集区分、募集人員」より。

各試験種の入試日程(令和2年度)

募集要項配布時期10月中旬10月中旬
大学入試センター試験1月18日〜1月19日1月18日〜1月19日
出願情報の登録1月20日〜2月5日1月20日〜2月5日
出願期間1月27日〜2月5日1月27日〜2月5日
受験票印刷開始日2月12日2月12日
個別学力検査2月25日、2月26日3月12日、3月13日
合格者発表3月6日3月20日

個別学力検査の二日目があるのは、創造工学教育課程のみである。

一般入試対策

名古屋工業大学の一般入試対策については、記事を準備中だ。

出来上がり次第速やかに公開する。

推薦入試の攻略法

概要

推薦入試の基本方針は以下のようになっている:

高度工学教育課程

高校での学習成績が優秀であり,出身学校長が責任をもって推薦できる学生を対象に,提出書類及び大学入試センター試験(5教科7科目)の成績を総合して選抜します。

創造工学教育課程

高校での学習成績が優秀であり,出身学校長が責任をもって推薦できる学生を対象に,提出書類,大学入試センター試験(5教科7科目)の成績及び集団面接での評点を総合して選抜します。 集団面接では,幅広い工学や科学技術への関心,新たなことを創造する意欲,並びにコミュニケーション力を問います。

名古屋工業大学「平成31年度 推薦入試学生募集要項」より。

工業大学ということもあり、まず数学 I II III および数学 A B の学習は必須だ。

また、物理または化学のいずれか一方の習得を要求している。

定員

各学科の定員は以下の通りである。

学科等入学定員推薦募集定員
高度工学教育課程生命・応用化学科21020
物理工学科10515
情報工学科14515
創造工学教育課程材料・エネルギー
コース
合わせて
100
9
情報・社会
コース
6

大学入試の傾向として当然のことではあるが、やはり一般入試よりも定員が少ないので、心して臨む必要がある。

選抜方法

高度工学教育課程、創造工学教育課程いずれも、

  • 第一次選考:書類選考
  • 第二次選考:筆記試験および面接

という形式になっている。

ただし、筆記試験でも科目はコースによって違うので注意しよう。

最終的な合格判定は、第一次選考と第二次選考の結果を総合してなされる。

総合判定は A, B, C の三段階で行われるとのことで、A が合格者なのだろう。

なお、創造工学教育課程については、出願時に英語外部試験の成績が利用されることを絶対に忘れないこと。

名工大の推薦試験については、細かな配点は明記されていないが、重要になるのは数学(筆記試験)と面接だ。

数学はどのコースを志望する上でも必要になるので、コースが定まっていない人は徹底的に勉強しておこう。

面接も、大抵の大学の一般入試では必要にならないので、日頃対策をしていないはずだ。

面接は、自身の性格などを相手に印象付ける重要な時間。

学校の先生などの相手を用意して、じっくり練習しよう。

名古屋工業大学の併願校

名工大を志望する学生は、東京工業大学、名古屋大学、岐阜大学、金沢大学あたりを受験することが多い。

私立では東京理科大学、MARCH、関関同立あたりが多く、名城大や南山大の工学部系を受験する生徒も見られる。

まとめ

名古屋工業大学について、

  • 基本情報
  • 設置学部・学科
  • 名古屋大学の強み・就職先
  • 入試対策

といった幅広い内容を説明してきた。

名古屋工業大学に興味をもったら、早速勉強をスタートしてみよう。

合格した暁には、優れた学びの場としてあなたを迎え入れてくれるだろう。

詳しく知りたいあなたへ

名古屋工業大学の入試については、大学のHPで詳しく説明されている。

ここでは説明しきれなかった内容も全て載っているので、必要に応じて参照してほしい。

名古屋工業大学のHPはこちら

関連記事

  1. これでわかる!岐阜大学のすべて

  2. 【選抜特進偏差値58】岐阜済美学院済美高等学校の情報まとめ

  3. これでわかる!静岡大学のすべて

  4. これでわかる!三重県立看護大学のすべて

  5. これでわかる!愛知教育大学のすべて

  6. これでわかる!三重大学のすべて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。