【偏差値64】大垣東高等学校の情報まとめ

学校情報

所在地 〒503-0857 大垣市美和町1784
創立 1974年

岐阜県立大垣東高校の概要

大垣東高校(以下、東校)は高度経済成長期における大垣市周辺の人口増加に対応するため、移転した県立大垣南高校の跡地に市内3校目の公立普通科高校として開校。

校舎は市内中心部に位置し、交通の便は非常に良い

校訓は、仰峯不屈で、目標を見据えて高い心で立ち向かうという意味である。

 

現在では、全日制普通科の他に、全日制理数科も設置されている。

制服は、男子が詰襟の学生服、女子はブレザーが指定されている。

授業は普通科、理数科共に1週間に3回(火・水・木曜日)、7限授業が行われている

また、イギリスのセントジョージ校と交流を行っており、訪問団の交換なども行っている。

通学については、電車・自転車で通学する生徒がほとんどである。

電車は揖斐川町方面や、海津市方面等から養老鉄道を利用し、大垣駅から自転車や名阪近鉄バスを使用したり、徒歩で通学する。

自転車通学者は、大垣市内、大垣市周辺在住者がほとんどである。

 

 

設置課程について

東校では、全日制普通科と全日制理数科の二つが設置されている。

普通科では、他校と変わらないシステムである。

理数科では「トライアル講座」と呼ばれる特別講座で、ハリヨ(淡水魚の一種)の生息地での調査観察や大垣北高校との合同講座、北海道大学との双方向遠隔授業プロジェクト、生徒が自由にテーマを設定し、グループ別に行う課題研究など、特色のある授業や活動が組まれている。

 

偏差値について

東校の偏差値は普通科が63、理数科が64となっている。

大垣の高校と比べると、大垣北高校が67、大垣南高校が58、大垣西高校が53となっているため、大垣の東西南北の学校の中では、北校に次ぐ2番目に偏差値の高い高校である。

 

大垣東高校の合格実績

東校では、多くの生徒が進学希望で、8~9割の生徒が四年制大学へと進学する進学校として有名である。

国公立大学合格者も毎年数多く輩出しており、早慶をはじめとする、有名私立大学にも合格者を輩出している。

 

岐阜大学・・・26名         金沢大学・・・7名

静岡大学・・・8名          福井大学・・・6名

名古屋大学・・・7名         滋賀大学・・・6名

名古屋工業大学・・・4名       静岡県立大学・・・4名

愛知教育大学・・・1名        愛知県立大学・・・4名

三重大学・・・9名          名古屋市立大学・・・5名

富山大学・・・2名                                                           etc…

 30年度入試では、国公立合格者は138名であった。以下を参照してほしい。 

http://school.gifu-net.ed.jp/ogkhigasi-hs/shinro/joukyou/h30/2018nyuushikekka.pdf

(大垣東高校HP)

 

 

大垣東高校の行事

東校では、行事や部活も盛んである。

5月・・・球技大会
6月・・・修学旅行
9月・・・東高祭(文化祭&体育祭)
11月・・・強歩大会
12月・・・研修旅行(理数科)

これらの他にも毎月のように何かしらの行事が行われている。

 

文化祭は二日間行われ、3年生を中心に実施される。

体育祭は一日で行われる。また、強歩大会では、男子が22.6km、女子が18.8kmの距離で実施される。

普通科では2年生の6月に修学旅行が実施され、行き先は沖縄である。

2年生の12月には、理数科の研修旅行が実施される。

行き先は、屋久島、種子島、鹿児島方面である。どの行事も充実しており、大垣の高校に通う生徒にとって東校は憧れであった印象がある。

 

 大垣東高校の部活動

 東校には、様々な部活動がある。

 

体育系 文化系
バスケットボール 男 女 演劇
バレーボール 男 女 音楽
ハンドボール 男 女 写真
テニス 男 女 放送
ソフトテニス 書道
バドミントン 茶道
卓球 華道
サッカー 美術
陸上競技 囲碁将棋
剣道 英会話
柔道 クッキング
水球
硬式野球

 

特に、水球部や音楽部が強く、インターハイや全国高校総合文化祭に出場している。

また、水球部では、独自検査も実施されるなど、東高での中心の部活である。

また、バドミントン部では、東海大会に出場するなど、成績を収め、クッキング部などもコンテストで最優秀賞を受賞するなど、体育会系、文化系共に優れた成績を収めている。

 

 

大垣東高校の入試制度

東校は、公立高校なので岐阜県高校入試にのっとって実施される。

全日制普通科では入学定員が280名、全日制理数科では40名である。志望できる学科は2つまでなので、普通科、理数科どちらも志望することができる。

当日の点数と、内申の比率は7:3である。つまり、当日の点数が重視される。また、水球に関しては独自検査が実施される。

 詳しくは以下を参照してほしい。

http://school.gifu-net.ed.jp/ogkhigasi-hs/nyuushi/nyuushi/h30-all.pdf

(大垣東高校HP)

 

 

大垣東高校は、学力の高い生徒が集まり、質の高い学習を実施している。

良い大学に進学したい生徒にとって、素晴らしい環境だと思われる。

また、年間を通して行事が多く、楽しく快適な高校生活をおくることができる学校だ。

 

併願校

大垣東高校を受験する生徒の併願校は、大垣北高校鶯谷高校大垣日大高校が多い。

以下に紹介しているので、ぜひ参照してほしい。

【偏差値67】大垣北高等学校の情報まとめ

【偏差値63】鶯谷高等学校の情報まとめ

【偏差値62】大垣日本大学高等学校の情報まとめ

関連記事

  1. 【偏差値47】岐阜県立多治見工業高等学校の情報まとめ

  2. 【偏差値37】東濃高等学校の情報まとめ

  3. 【偏差値65】恵那高等学校の情報まとめ

  4. 【偏差値54】本巣松陽高等学校の情報まとめ

  5. 【偏差値61】岐山高等学校の情報まとめ

  6. 【偏差値54】郡上高等学校の情報まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。